長くかかる歯周病治療

歯周病は時間をかけてゆっくりと、しかし確実に進んでいく病気です。

初期であれば、歯茎が腫れているだけできちんと治療することで、元の健康な状態に戻ることができます。

けれども、痛みがないままに進行していくので、自分では気づかないうちに悪化してしまうのが特徴です。



初期の歯周病治療は、歯磨きの指導を受け、自宅でのブラッシングと歯科医院での歯石除去を受けるだけで症状は回復します。

ただ、痛みもなく自覚症状がないために、初期の段階で歯科医院を訪れる人は稀です。

歯を磨いている時に出血があったり、歯茎がブヨブヨしているようなことがあれば、歯周病の可能性が高いので早目に歯科医院を受診しましょう。

特徴のあるAll Aboutの情報を利用しない手はないです。

中度になってくると、歯茎が下がって歯が伸びてきたり、何もしなくても歯茎から血や膿が出てくるようになります。
この時点でも痛みはありませんが、口臭などの症状が出てきます。
中度の歯周病治療も、基本的には初期の治療と変わりませんが、歯茎の中まで歯石が入り込んでいるので、その分治療の回数が増えていきます。
中度になってしまうと、歯を支えている骨が溶かされていき、元の健康な状態に戻るのは難しくなってきます。


重度になると、歯がグラグラしてきます。

歯周病治療関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

歯周病治療も、余分な歯茎を切除するなどの外科的な治療に入ります。

一度治療が終わってからも、定期的に健診を受けて、歯茎の状態を保っていく必要があります。
治療したから歯科医院へ行かなくなるのではなく、継続的なメンテナンスが欠かせません。